さいたま市

さいたま市は、埼玉県の南東部に位置し、都心から20~30km圏内にある県庁所在地です。2001年5月1日の浦和・大宮・与野の3市合併により誕生した本市は、2003年4月1日に全国で13番目の政令指定都市へと移行し、2005年4月1日には岩槻市との合併を果たしました。

【市区役所所在地】 〒330-9588 さいたま市浦和区常盤6-4-4 TEL:048-829-1111
【公式ホームぺージURL】 http://www.city.saitama.jp/index.html

【総人口】 1,222,434人
【人口増減率(2005年/2010年)】 103.9%
【世帯数】 502,166世帯

【特産・名産物】 くわい 紅赤 チコリー こまつな さといも(農産物) 人形 うなぎのかば焼き 豆腐ラーメン(埼玉B級ご当地グルメ王優勝2回) 盆栽
【主な祭り・行事】 岩槻城址公園桜まつり さくら草まつり 大盆栽まつり ばらまつり 大宮薪能 浦和うなぎまつり 茅の輪くぐり・植木草花市 人形のまち岩槻「朝顔市」 与野夏祭り 浦和まつり 大宮夏まつり 人形のまち岩槻まつり さいたま市花火大会 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 大正時代まつり 岩槻人形供養祭 十日市 十二日まち 与野七福神めぐり まちかど雛めぐり 人形のまち岩槻流しびな さいたマーチ さいたまるしぇ さいたまシティマラソン
【出身著名人】 若田光一 たけかわゆきひで 久米宏 反町隆史
【市区独自の取り組み】 2011年10月に国内初の本格的な「スポーツコミッション」を設立(積極的なプロモーション活動を行い、2013年10月の「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」等、世界的なスポーツイベントを開催) 2011年12月に「次世代自動車・スマートエネルギー特区」に指定(暮らしやすく、活力のある都市として、継続的に成長する「環境未来都市」の実現に向け、「ハイパーエネルギーステーション」「スマートホーム・コミュニティ」「低炭素型パーソナルモビリティ」普及に向けた取組みを実施)

住まい・暮らし

公共料金

ガス料金(22m3使用した場合の月額) 4,124円
水道料金(口径20mmで20m3の月額) 3,434円
下水道料金(20m3を使用した場合の月額) 2,414円

ごみ・インフラ

家庭ごみ収集 無料
粗大ごみ収集 あり

安心・安全

ハザード・防災マップ さいたま市ハザード・防災マップはこちら

育児・健康

結婚・育児

子育て関連の独自の取り組み (1)子育てパパ応援プロジェクト(父親等の1日保育士・幼稚園教諭体験事業を実施。父親の子育て応援冊子「父子健康手帳」を配布)(2)のびのびルーム事業(3歳未満の子どもと保護者を対象に、つどいの場、遊び場として、放課後児童クラブの空き時間を開放)(3)さいたまキッズなCity大会宣言(社会全体による子育て推進や、子どもの社会参画意識の醸成を目指し、「さいたまキッズなCity大会宣言」を策定)
乳幼児・子ども医療費助成 通院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
入院 対象年齢 中学校卒業まで
自己負担 自己負担なし
所得制限 所得制限なし
公立保育所数 61所
0歳児保育を実施している公立保育所 46所
私立保育所数 92所
0歳児保育を実施している私立保育所 86所
保育所入所待機児童数 128人

教育

幼稚園 公立幼稚園数(国立を含む) 2園
私立幼稚園数 107園
公立幼稚園の入園料・保育料減免 なし
小学校 小学校数 107校
公立小学校1学級当たりの平均児童数 31.1人
中学校 中学校数 66校
公立中学校1学級当たりの平均生徒数 33.9人

健康・医療

一般病院総数 35所
一般診療所総数 872所
首都圏
提供データには細心の注意を払っておりますが、調査後に変更がある場合があります。
最新の情報につきましては各市区役所までお問い合わせください。 (データ提供:生活ガイド.com