スターツピタットハウス株式会社 スターツピタットハウス株式会社

リースバック

リースバックは、
ご自宅を売却後、そのまま賃貸物件として住み続けれられるシステムです。

こんな方にオススメ

  • 自宅を売却したいが、慣れ親しんだ生活環境は変えたくない。
  • 住まいを確保しながら、まとまった資金を捻出したい。

ご利用の流れ

①お客様:所有不動産をピタットハウスに売却 ②ピタットハウス:買取代金のお支払い →(契約直後)→ ③お客様:リース料(家賃)を毎月お支払い ④ピタットハウス:当社が買取った不動産をそのまま賃貸(リース)

お客様のマイホームをスターツピタットハウスが買い取り、お客様は賃貸物件としてそのままお住まいいただけるシステムです
住み替えることなく、売却によりまとまった資金を得ることができ、買い戻しも可能です。また、住み替えをお考えの方は、余裕をもって早めに資金を準備できるというメリットもあります。

エリアによっては、弊社と連携する不動産業者が買い取らせていただくこともございます。

リースバック活用事例

【事例1】年金だけでは老後の資金が不安

退職して10年。子供たちは自立し、夫婦2人の老後生活に不安を感じていました。妻の持病や施設にいる母の介護もあり、改めて定職に就くのは難しく、生活資金の確保は常に頭から離れない生活でした。そんな時リバースモーゲージを知り検討しましたが、融資額の低さに愕然とする結果でした。そして次に知ったのがリースバック。建物は古いが、土地の形や閑静な住宅街である事などから評価が高く、また賃貸として住み続けられる事が大きなメリットでした。都度変わる生活状況に応じて、自宅を買い戻す夢も持ちつつ、今の生活に余裕と笑顔を与えてもらえたと思います。

【事例2】住み替えのための前準備

両親から相続した実家に長く住んでいましたが、子供たちも結婚し自立。夫婦2人で暮らす一軒家は無駄に広く、また老朽化が激しく修繕に追われるようになりました。老後を考え、生活に便利なマンションに住み替えを具体的に考えるようになりました。ちょうど、駅前に大型マンションの建設予告があり、早めに住宅の売却査定を依頼しました。すでに住みたいマンションがある事、その完成時期などを相談したところリースバックを提案されました。購入資金を早々に確保できる事、転居先の完成までも住み続けられる事など、大変メリットを感じ、早速利用しました。売却不安もなく、スムーズな住み替えができるなんて、とても助かりました。

【事例3】住宅ローンの返済が重荷に

現在のマンションを購入した当時は共働きのため、住宅ローンの返済に問題は無かったのですが、子供ができ妻の収入が一時的になくなったと同時にその支払いが重荷になりました。同じエリアで賃貸物件を探しましたが、条件が合わず悩んでいた時、「リースバック」を知りました。リースバックなら転居せず住み慣れた自宅に住み続けることができ、賃料は発生するもののまとまった資金が入ります。将来買い戻すこともできるという点も決め手に。結果、住宅ローンの支払いや管理費、修繕積立金、固定資産税などから解放され、生活にもゆとりができましたし、妻も慣れた生活環境の中で仕事に育児に頑張ってくれています。

リースバックのご相談
はこちらのフォームから

無料査定依頼はこちら(別窓で開く)